セフレの作り方

既婚者でもできるパートナーにバレないセフレの作り方とは?

投稿日:

自分はすでに既婚者だけど、もっと多くの女性とセックスがしてみたい!
そう思ったらセフレを作るのが多分一番簡単な方法です。

でもすでに奥さんがいる状態でセフレを作ることはそんなに簡単に出来るのでしょうか?
またどんな方法でセフレを作れば良いのでしょうか?

実際に既婚者がセフレを作るために出来ることをちょっと考えてみましょう。

既婚者でもセフレを作ることは出来るのか?

まず結論から言うと既婚者でもセフレを作ることは出来ます!
しかも顔の良さや年収、スタイルなどはほとんど関係ありません。

元々セフレなんて作れるのは格好いい男性だけで、お金持ちでもないブサイクで
しかも既婚者なんてセフレを作れるわけがない。

そんなことを思っている人がいるなら、それは間違いです。
セフレを作るためには姿形やお金はそれほど必要じゃないんです。

当然すでにパートナーがいる人、既婚者でもセフレを作ることは出来ます。
ただし当然ですが注意することは多くあります。

既婚者がセフレを作る方法の前に、まずはセフレを作る場合に注意するべきことを
しっかりと確認しておくことにしましょう。

セフレがいることをパートナーにわからないようにする

ちょっと前に芸能人同士で不倫をしていたことがわかり、大きな騒ぎになったことが
ありました。

実際にセフレを作るということはあのように不倫をする、という事になります。
つまりパートナーにわかってはいけないことです。

結婚をしていない場合でも恋人がいるのにセフレを作るというのは、やはり危険性の
高いことになります。

つまり既婚者やパートナーが居る男性がセフレを作る場合、絶対にバレてはいけない
という事です。

自分はわからないように上手にやれるから大丈夫、という人もいると思いますが
基本的に女性の感というのは侮れないものがあります。

ほんの些細な違和感から不倫を見破ることが出来る女性はかなり多いのです。
つまり絶対に小さな証拠も残してはいけないのです。

そしてもしセフレの存在が相手にわかってしまった時には潔くセフレとの交際を
止めることも重要です。

セフレは基本的に遊び相手なので、家庭を壊してまで関係を続けるものでは無く
第一に過程を考えるようにしましょう。

既婚者がセフレを作るなら既婚者が良い

既婚者がセフレを作る場合、相手も既婚者であることが望ましいと言われています。
それはお互いにパートナーが居ることで相手にも無理な注文をつけないから。

不倫がばれないようにするためには不自然な行動をとってはいけません。
それがお互いにわかっているからこそ、無理に会う約束をすることもありません。

まあ男性にとっては若い女性の体を楽しみたい、という願望があるのはよくわかります。
でも既婚者の場合、若い人をセフレにするには時間的な問題も多くなります。

不自然に家族といる時間が少なくなればやはり不倫を疑われる原因になります。
まずセフレとしてはお互いに無理をしない既婚者同士がおすすめです。

何人かセフレを作っていく内に、どれくらいの行動ならセフレの存在がパートナーに
わからないというのが把握できると思います。

その時点で既婚者以外のセフレを作るほうが良いと思います。
ではどんな行動でセフレの存在が疑われてしまうのでしょうか?

実際にわかってしまった事例も含めて確認してみましょう。

連絡にはLINEをなるべく使わない

スマホを使っている人なら多くの方が利用するアプリの1つがLINEです。
確かにメッセージの送信や通話も出来るので連絡を取るのにとても便利なアプリです。

でももしLINEのIDやPASSが他人にわかってしまうと、お互いのトークの内容が
全てわかってしまうというデメリットがあります。

アプリとしてのセキュリティは高いと言われているのですが、PASSがわかってしまえば
簡単にトークの内容が他人にわかってしまうのはやはり問題があります。

しかも多くの人はアクセス解除をしないのでスマホを覗き見出来るならLINEも
すぐに見られてしまうという危険性が高いのです。

わざわざLINEのログイン解除をしているのもなにか不自然ですし・・・
このようにLINEを使っているとパートナーにはわかりやすいと言われています。

そこでセフレとの連絡はYahoo! などのフリーメールを使うほうがおすすめです。
これならスマホだけではなく会社や自宅PCからもメールを見ることが出来ます。

ログイン解除しておけばメールの内容をパートナーに確認されることもありません。
さすがにログインIDとPASSが両方バレるというのは考えにくいです。

後は意外にカカオトークも一般的にはあまり使われていないので、セフレとの連絡には
使いやすいと言われています。

とにかくスマホのメジャーなメールアプリなどを使ってセフレと連絡をするのは
バレやすいので止めたほうが良いと思います。

飲み会の後にサウナに行く習慣をつける

会社勤めの場合、仕事終わりに飲み会に参加することも多いと思います。
この時にサウナに寄ってから帰る、という習慣をつけておきます。

これはセフレを作る前から行っていると効果的で、サウナによる口実にも
会社の上司に誘われるなど理由をしっかりと付けておきましょう。

例えばたまたま仕事が早く終る時にセフレとホテルに行ったとします。
そのまま家に帰ってしまうと体から石鹸などの匂いがしてしまうのです。

これが原因で浮気がバレた、という話もあるのでセックス後の匂いを消すことと
シャワーの痕跡を残さないことはとても重要です。

そこで帰宅が遅くなる時にはサウナに寄っている、という行動を普段からしておけば
体から石鹸の匂いがしてもパートナーは不思議に思いません。

こんな行動をいきなりしても不審に思うので、できれば大きな嘘をつかずに行動している
普段からサウナに寄るという習慣をつけることをおすすめします。

ただしこの方法でもあまりに頻度が高いとやはり怪しいと感じてしまうようです。
怪しまれない程度に回数を調節することも必要になるかと。

後は休日にセフレと会う時にも理由には注意しましょう。

休日出勤が多いとかなり怪しまれる

セフレと休日に会う場合に休日出勤を理由にする人がいます。
これはかなり怪しい行動なので、あまり使わないように気をつけましょう。

普段から休日出勤が多いならかなりブラック企業ということになりますし
実際に出勤しているかは電話で簡単にわかってしまいます。

荷物も持たずに出かけるならやはり飲み会や趣味の集まりなどになるでしょうか。
理由としては仕事より遊びのほうが相手にわかりにくくなります。

ただあまり遊んでばかりだとやはり不満を持たれてしまうので、きちんと家族サービスを
行っていることが望ましいです。

家族サービスをしていても、遊びのほうが多いと文句を言われるくらいがちょうどいい
という印象でしょうか。

この時に車を使うならセフレが乗った後のシート位置なども気をつけましょう。
いつも助手席にパートナーが乗っているならシート位置が変わると違和感があります。

すぐに誰か別の人が助手席に座った、とわかってしまうのです。
その時に長い髪の毛などを見つけられると・・・

社内にある食べ残しや飲み残し、コロンなどの香りにも注意する必要があります。
セフレと行動をした後にはその痕跡を残さないように細心の注意を払うようにしましょう。

既婚者のセフレを見つけられるところは?

では実際に既婚者のセフレを見つけるにはどこで出逢えば良いのでしょうか?
私がおすすめするのは出会い系サイト、しかも古くからある有料サイトです。

理由としては既婚者の場合、パートナーにバレないように相手を探すのに最適だから。
サイト内なら他人には全くわからずにメールのやり取りができます。

有料サイトなら業者が少なくサクラもあまり多くないはずなので、素人の既婚者が
登録している可能性が高いと考えられます。

しかも古くからあって長く続いている有料サイトはそれだけ多くのリピーターがいて
多くのポイント購入費用で運営が成り立っていると考えられます。

男性が全く出会えない出会い系サイトを何度も使うことはありませんよね?
多くの男性が使い続けるサイトはそれだけ出会いがあるということだと思います。

できれば無料でセフレと出会いたい、と思うかもしれませんが無料の出会い系サイトに
女性が登録することはまずありません。

無料のサイトには業者とサクラが大勢登録しているので、その中から素人女性を
見つけることは不可能に近いです。

しかも女性の場合は有料サイトでも無料で使うことが出来るところが多いので
わざわざ無料サイトに登録する必要がないのです。

では有料の出会い系サイトでセフレを見つけるための方法も確認しておきましょう。

プロフィールと顔写真はしっかりと設定

有料出会い系サイトでセフレを見つけるためには女性にメールを送って返信してもらう
いわゆるメールのやりとりが必要です。

ではどうすればメールに返信してもらえるのか。
ここで重要なのがプロフィールと顔写真です。

まずサイトでメールを受け取った女性が確認するのはサイト内のプロフィールです。
これを見て男性に返信するのかを考えるわけです。

このプロフィールにきちんと記入がされていれば判断材料になるのですが、記入されず
判断できなければ返信しない女性も多いです。

多少盛ってもかまいませんが、嘘で固めてしまうと後で直接会った時に信頼されず
関係を作れない可能性も。

同じように顔写真もできれば載せるようにしましょう。
こちらもかなり盛って大丈夫ですが、他人の写真を載せるのは止めましょう。

どうしても顔写真を載せたくないなら雰囲気のいい写真でもかまいません。
何も写真がないと本当に女性には信頼されずに返信がとても少なくなります。

メールの返信が来たら、まずは紳士的な態度で返事を繰り返すようにしましょう。
お互いに既婚者であることを強調すれば打ち解けることが出来るかも。

セフレになってほしいとはすぐに言わず、できれば会って話をするところから。
そのタイミングで連絡先の交換をするとスムーズに関係を作れるかもしれません。

お互いに既婚者ならあまり無茶なデートプランも出来ないはずです。
パートナーにわからないようにセフレを作るならやはり既婚者同士がやりやすいかと。

-セフレの作り方

Copyright© 40代からの出会い体験記 , 2018 All Rights Reserved.